Connect with us

No Business Like Japanese Show Business

Feature

No Business Like Japanese Show Business

U.S. singer-songwriter Natalie Emmons, now the face of Trivago Japan, shares her adventures while navigating the J-entertainment world.

If you live in Japan and spend enough time on YouTube, you may have noticed a charismatic, blonde American girl with an impeccable Japanese accent advertising the latest and greatest for travel company Trivago. That girl is singer-songwriter Natalie Emmons, and yes, it is her voice!

Hailing from San Diego, California, Natalie has taken a road less travelled to living and working in Japan. A far cry from the life of any English teacher, bar owner, or businessperson, she began a three-year stint in Osaka upon graduating from Theater Arts at Azusa Pacific University in Los Angeles, after landing her first gig in the country as a dancer and singer at Universal Studios Japan.

“There was something called The Universal Rainbow Circus and it was on this giant stage called the Globe Stage … they made it into a sphere-shaped circus tent. They hired a bunch of American circus performers, and there were about 40 dancers. It was a huge production … I was the MC, so speaking in Japanese and then singing, and that was just an awesome show.”

Before long she was dressed up in purple and pink, hosting USJ’s Hello Kitty show, winning the hearts and smiles of throngs of young Japanese girls.

She went from the stage to the small screen at the end of 2012 on finishing her contract with USJ, after winning a spot as a contestant on the national television show Nodojiman THE World!. Nodojiman means “proud of my voice,” and the show features amateur singers from countries all over the world singing songs in Japanese.

Living here (in Japan) I felt like I found my voice … I felt like I came back to the States so much more confident. I felt braver and more excited to just be myself.

“It was a pretty funny experience. They’ve got people from all different countries so they’re trying to, I don’t want to say stereotype you, but you know, make you more American than you are in a way.

“So they said, ‘We don’t really want you to speak Japanese,’ and ‘Could you wear cowboy boots?’ I don’t even own cowboy boots! They said, ‘We can pay for them,’ and so they took me shopping and I was just thinking ‘Oh my gosh, these are Japanese-made cowboy boots that I’m wearing right now,’ and I had some sort of western off-the-shoulder thing, and cutoffs!”

Natalie made three appearances on Nodojiman THE World!, rubbing shoulders with the likes of Nakai Masahiro from SMAP, who was the show’s host.

“When I got there it was like one of those Japanese game shows – all the bright lights and like ‘NA-TA-RI EM-MON-ZUUU!!!’ and a huge American flag behind me.

“A lot of celebrities were there sitting on this little celebrity couch to watch it. And then there were of course the judges who are producers and songwriters … And the audience, which was just a bunch of beautiful people that they hired,” she laughed.

Natalie returned to the United States in 2013 a more confident performer than ever after her showbiz experience in Japan. She subsequently recorded and released Therapy, an EP of original songs in English and Japanese. She credits her time in Japan and at USJ for helping her develop her unique skill sets, bridging between Japanese and Western culture, and developing her own identity as a performer.

“Living here (in Japan) I felt like I found my voice … I felt like I came back to the States so much more confident. I felt braver and more excited to just be myself.” Her single Call of the Wild was released on February 24 this year as a free download, and she is currently working on her debut full-length album.

Lately, she has been turning heads on TV and online as the face of Trivago Japan, and has found herself flying between the U.S., Japan, and Europe for work. The springboard for the European chapter was her job offer at Trivago, an opportunity that came about as a result of her connections at Universal Studios.

The creative director assigned to the Trivago commercials, a British guy who once lived in Japan as an English teacher, wanted to localize the company’s commercials.

Photo: Jason Haidar

Photo: Jason Haidar

“Instead of doing the same commercial and just dubbing it over, they’re actually hiring people from respective countries,” Natalie explained. “They thought it would be really cool to use a foreigner who speaks Japanese well.

“So it was really exciting, and they knew it was kind of a risk because they didn’t know how it would be accepted by a Japanese audience … no one had done it, so it was cool to be a part of it. I didn’t think that something like that would be possible in Japan without having some sort of assurance that it would succeed.”
Before she knew it, she was bouncing between Berlin and Barcelona shooting Trivago commercials, and caught up at times in an amusing whirlwind of cultural differences and mixed messages.

“With the one (commercial) that’s available to see now, the way that I walk was a huge issue! First they wanted me to kind of walk sexy, and then the Japanese girls, they didn’t like it at all! So it was just back and forth between, ‘No, she needs to look more confident, she looks too shy,’ and they (the Japanese staff) were saying, ‘No, this is how we want her to look, she looks proper and polite that’s what we see,’ and so I’m just standing there and I’m like, ‘All right, just let me know when you decide,’” she laughed.

But despite the very flexible, go-with-the flow approach she is able to have to her work, Natalie has her principles, and makes a concerted effort to have a certain amount of control over the direction of her career. According to her, the two main challenges of working inside the J-entertainment machine are keeping control of what you want to do, and the fact that people are often hesitant to do something new.

“I get the feeling a lot, like Japanese people are impressed by what I’ve been able to do on my own. However, there was a lot of encouragement, at least at the beginning, to do nothing – to let everyone else handle it for me. And it really scared me a lot because they kept saying, ‘We’re gonna take care of it for you. Please don’t promote, please don’t post anything. Don’t do this, don’t do that,’” she explained.

“I had to decide, you know, do I want to trust these people who may or may not come through for me … I basically just decided to do it my own way, and maybe that’s the American in me, you know, but I just didn’t trust it.”

Whether she remains self-managed, or eventually signs with a label, there’s no doubt Japan will be seeing more of this vivacious blonde bombshell. She has more commercials in the works, and this month, a newly released J-pop ballad Arrival Gate, (Touchaku Kuchi).

When she’s not in Japan, she can be found on stages and TV screens around California. Natalie was recently nominated for the San Diego Music Awards for best singer-songwriter, to be announced early this month.

To find out what she’s up to, visit natalieemmons.com or check out her YouTube channel youtube.com/user/MsNatEmmons


関西ジョービズ事情

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのセンターステージで歌い、「のどじまんTHEワールド」に出演して脚光を浴びた大阪在住時代。アメリカ人シンガーソングライター、ナタリー・エモンズは現在トリバゴ・ジャパンの顔として活躍している。

文:シーリア・ポーキンホーン • 写真:ジェイソン・ハイダー • 翻訳:遠藤 建

日本にしばらく住んでいる人ら、YouTubeの映像でおなじみかもしれない。旅行会社「トリバゴ」のコマーシャルで、非の打ち所のない日本語を披露して存在感を放っている金髪のアメリカ人女性。この人こそ、シンガーソングライターのナタリー・エモンズである。聞こえているのは、もちろん吹き替えなしの彼女の声だ。

カリフォルニア州サンディエゴ出身のナタリーは、風変わりなルートで日本にやってきた。英語教師でも、バーのオーナーでも、ビジネスパーソンでもない。ロスアンゼルスのアズサパシフィック大学の演劇芸術学部を卒業したナタリーは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのダンサー&シンガーとして3年間の契約を結び、大阪に住むことになったのである。

「ユニバーサル・レインボー・サーカス巨大なグローブステージには、槍のようなサーカステントがあります。そこにアメリカ人の曲芸パフォーマーたちが雇われているんです。約40人のダンサーが演じる大きな出し物で、私が担当したのはMC。歌も歌えて、ほんとうに素晴らしいショーでした」

やがてナタリーは紫とピンクのコスチュームに身を包んで、USJのハローキティショーを司会進行するようにもなった。日本人少女たちが大喜びのアトラクションである。

USJの契約を満了した2012年末、ナタリーはステージからテレビへと活躍の場を移す。きっかけとなったのは、世界各国のアマチュア歌手が日本語の歌でパフォーマンスを競う番組「のどじまんTHEワールド」だ。ナタリーは世界中からやってきた外国人たちと一緒に出演することになった。

Photo: Jason Haidar

Photo: Jason Haidar

「おもしろい経験でした。ステレオタイプじゃないけど、世界のいろんな国の人がいるので、スタッフは私のことを実際以上にアメリカ人らしくしようと頑張っていました。『あまり日本語を話さないでください』とか『カウボーイブーツを履いてもらえますか?』とか。『カウボーイブーツなんて持ってませんよ!』と答えると『ブーツ代はお支払いしますんで』みたいな。それでお店に連れて行かれて『あーこれ日本製のカウボーイブーツだわ』とか思いながら、気づいたらウエスタンっぽい肩出しの服を着て、デニム地のショートパンツを履いて歌ってました!」

ナタリーはこの「のどじまんTHEワールド」に3回出演して、番組の司会だったSMAPの中居正広らとも交流を持つようになる。

「スタジオは、まるで日本のゲームショーみたいな場所。ライトがキラキラ光って、『ナタリー~エモ~ンズ!』みたいな紹介で、巨大なアメリカ国旗が私の後ろにあって。たくさんの有名人が小さな長椅子に腰掛けて、別席にはプロデューサーや作曲家たちが審査員として並んでいて……観客はテレビ局に雇われた容姿のいい人たちでした」

ナタリーは当時を思い出して笑う。

日本でショウビズの舞台を踏んだナタリーは、パフォーマーとしての自信をつけて2013年にアメリカへ帰国。続いて英語と日本語で歌ったオリジナル曲「セラピー」を録音した。日本とUSJで培ったユニークなスキルセットを活かし、日本と西欧の文化の橋渡し役となりながら、パーフォーマーとして自立したのである。

「ここ日本で、自分の声を発見しました。自信をつけてアメリカに帰れたという実感はあります。自分自身を表現することが、本当に楽しいと感じるようになりました」

今年2月24日にはシングル「Call of the Wild」を無料ダウンロードでリリースし、現在はデビュー作となるフルアルバムの制作に取り組んでいる。

近頃、ナタリーはトリバゴ・ジャパンのイメージキャラクターとして米国、日本、ヨーロッパを飛び回っている。ヨーロッパでの撮影はトリバゴからの提案によるもので、ユニバーサル・スタジオとの関連から生まれたチャンスだった。

トリバゴのコマーシャルを担当したクリエイティブ・ディレクターは、かつて英語教師をしながら日本に住んだことがあるというイギリス人男性。トリバゴのコマーシャルを完全にローカライズしようというのは彼のアイデアだった。ナタリーは説明する。

「同じコマーシャル映像に現地語をオーバーダブするのではなく、それぞれ現地国で人を雇うことになったんです。日本語が上手な外国人を起用するのが、すごくクールなことだと思ったみたい。コマーシャル制作は楽しかったけど、日本の人たちにどう受け取られるかは未知数。前例がないことに参加できるのは素敵だと思いました。成功の保証がないことを、日本で実際にできるとは思ってもみませんでしたから」

ナタリーはトリバゴのコマーシャル撮影のためにベルリンとバルセロナを行き来しながら、日本と西欧の文化や価値観の違いを目の当たりにしたという。当時のエピソードを笑いながら回想する。

「いま公開されているコマーシャルで、私の歩き方が大問題になったんです。最初はセクシーに歩くように言われ、次は日本の女の子みたいに歩けと言われました。でもこれを制作側が気に入らず、堂々巡りになっちゃって。

『そんなか弱そうな歩き方はダメだ。もっと自信たっぷりに見えなくちゃ』と一方が言えば、日本のスタッフが『いや、こっちのほうが上品で礼儀正しい』と対立したんです。私は『わかったよ、どっちにするか決まったら教えてね』みたいな感じで」

流れを乱さず柔軟な仕事できるナタリーだが、キャリアの方向性については自分で責任を持つことを原則としている。いわく、日本のエンタメ業界には大きな問題が2つある。ひとつは自分がやりたいことを抑えつけられること。もうひとつは新しいことに対してみんなが尻込みしてしまうという現実だ。

「日本のみなさんが『一人でよくそこまでできるね』と感心してくれるのは嬉しい。でも少なくとも最初の頃は、『余計なことをするな』というプレッシャーがたくさんありました。自分の仕事を、他人にコントロールされるのが本当に怖かった。『それはこっちの仕事なので、自分で売り込まないでください。ネットには情報を一切上げないでください。あれもダメ、これもダメ』みたいな感じで」

自分自身をマネージメントしようと決断した経緯を、ナタリーは説明する。

「だから私は、決断する必要がありました。本当に私のことを考えているのかわからない人たちを信用したいのか、自分の心に聞きました。それで基本的には、自分のやり方を通すことに決めたんです。たぶん私の中のアメリカ人的な気質がそうさせたのかも。だれかに丸投げして安心することなんかできませんから」

このままセルフマネージメントを続けるのか、最終的にどこかのレーベルと契約するのかはまだわからない。それでもナタリー・エモンズの姿が日本でもさらに頻繁に見られるようになるのは間違いない。コマーシャルの仕事は増えており、Jポップバラードの新曲「到着口」を昨月リリースしたばかりだ。

日本にいなときは、カリフォルニア周辺のステージやテレビに出演しているナタリー。最近、サンディエゴ・ミュージック・アワードで最優秀シンガーソングライターにノミネートされた。その結果は今月上旬に発表される。
ナタリー・エモンズさんの近況は、ウェブサイト(natalieemmons.com)またはYouTubeチャンネル(youtube.com/user/MsNatEmmons)でご覧ください。

Continue Reading
Advertisement
You may also like...

More in Feature

Featured

Advertisement

Advertisement

Advertisement
To Top